大阪府で高校受験に合格する為には。

大阪府で高校受験に合格する為には

大阪府で高校受験に合格する為には、学力をつけ偏差値をあげることはもちろんですが、まず大阪府の高校入試の仕組みと高校のレベル・偏差値を知り、それぞれに合った対策を立てなければいけません。

まず高校に合格する為には内申点と当日の高校入試テストで点をとらないといけません。

特に公立高校を志望する場合は内申書が合否に大きな影響を与える事になりますので、偏差値だけを意識するのではなく、内申対策と入試対策両方をしっかりやらないといけません。

大阪府の入試の仕組みは、当サイトの
大阪府高校入試情報より内申対策、高校入試対策の方法を受験の参考にして下さい。
内申点の評価の基準、当日の高校入試テストの評価の基準は同じ大阪府でも高校によって評価の仕方はさまざまですので、当サイトの情報が少しでもお役に立てば幸いです。

大阪府の公立高校の入試問題は、基本的には全ての高校で同一の問題が使用されています。問題傾向は、毎年、それほど難易度の高い問題は出題されていません。しかし、どの教科も、記述がしっかりできるかどうかが問われる問題が出題されます。この問題をしっかり書けるかどうかで、合格が大きく左右されます。ですから、問題の解き方、手順だけを覚えるのではなく、なぜそうなるのか、どのような考え方をしているのか、という部分を深く理解しておく必要があります。
また、理解できていても、実際に表現できないと点数には結びつかないので、「書く」練習をしておくことが必要です。

また、英語・数学に関しては、大阪府が2種類の問題を用意しており、高校側が選択できる制度をとっています。高校がどちらの問題を採用しているのかによって、基礎的な知識をしっかりと復習するところに力を入れるのか、一歩進んだところまで問題演習しておくのか、対策を変える必要があります。

国語は、基本的には文章が3題出題されます。文学的文章、説明的文章、古文の3つです。そして、300字の作文が出題されます。文学的文章は、近年は、随筆が出題される傾向があります。古文は、深く知識が問われる問題が出題されることは少なく、基本単語、基本文法が押さえられていれば、おおまかなあらすじを把握するだけで解くことができます。作文は、配点が18点あります。表記6点、内容12点でつけられます。作文の対策としては、表記で点数を落とさないということでしょう。内容は、前向きで、自力本願(こうしていきたい、こうしていかなければならない、など)な内容が高得点につながりやすいようです。

大阪府の高校口コミ情報

大阪府の公立高校、私立高校の口コミ情報

大阪府の高校卒業生の口コミ情報!大阪府公立高校、私立

高校の卒業生、先輩達の生の声を志望校選びの参考にして下さい。

詳細はこちら



              

受験の為に家庭教師、塾は必要なの?

大阪府の公立高校受験の場合、入試問題は先述したように、難易度の高い問題はそんなに多く主題されず比較的基本問題が多く、教科書の内容がしっかり出来ていれば、8~9割の問題は解けるといえます。
よって、例え偏差値の高いトップレベルの公立高校を受験する場合でも、家庭教師をつけたり、塾に通わなくても合格する事は可能です。

ただ、最近は公立高校でもその高校独自の問題を作成して出題する所もでてきています。


そういう高校は偏差値が高い上位校の進学校が多く、問題のレベルも難題が出題されます。
こういう上位高校を受験される場合は、家庭教師や塾の助けがあった方が良いでしょう。

あと大阪は相対評価という方法で内申点を評価しますので、絶対評価に比べて内申点での差がつきやすくなります。
内申点は中学3年生が重視されるのですが、いきなり中学3年生になって勉強をやり始めても基礎学力が身に付いていないと、急に偏差値をあげる事などできません。
故に、もしお子さんが中学1年、2年生で、現在学校の教科書レベルの内容でつまずいているようでしたら、家庭教師もしくは塾を検討される方が良いでしょう。

私立高校受験にしても、中堅レベルまでであれば、学校の教科書内容で充分な ので、家庭教師、塾をしなくても合格は可能でしょう。
ただ教科書レベルの内容が理解できていないという場合は、家庭教師、塾のサポートを受け、偏差値アップを目指した方が良いと思います。当然偏差値の高い私立高校の上位校を目指す場合は学校の勉強だけでは受験を勝ち抜くのは難しいので家庭教師、塾の助けを借りた方が良いでしょう。

ただ塾や家庭教師にサポートしてもらったからと言っても、結局自分の意志でやらないと学力は身につきません。学校の授業、教科書の内容が理解出来ていれば、公立高校ならトップ高校、私立でも中堅以上には合格出来ますので、自発的にコツコツと勉強をして、基本を定着させる事が大事です。

家庭教師や塾の助けを借りない場合は、学校の勉強をしっかりと受けて、わからない問題を学校の先生に聞くなどしていけば、良い解決策になります。

もし、1人では思うように勉強が進まず、高校受験にあたって今の状況では心配ごとがあれば、塾や家庭教師をご検討下さい。

高校受験対策の家庭教師をお考えの方へ

家庭教師のお勧め

高校受験対策に家庭教師を考えてみてはいかがですか?

詳細はこちら

高校受験の家庭教師と塾の比較

無料体験の案内

高校受験の家庭教師と塾の比較。どっち向きかな?

詳細はこちら


管理者からのお願い

当サイトの高校受験情報、高校情報、偏差値に関しては何かお気づきの点がありましたら、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。

志望高校のホームページをご覧になりたい方は、偏差値毎で高校を紹介しています大阪府高校偏差値ランキングのサイトをご覧下さい。